益田市観光協会
  タイトル #1

<採物>
◆日本童男(やまとおぐな) ― 幣・扇子・刀
◆熊襲猛(くまそたける) ― 幣・扇子・刀
◆長吉 ― 掃除道具
◆酌取り女 ― 酒ビン・盃


【歌】 父のみの 父の御言を かしこみて 遥けき国に 出で立たすかも

<解説>
日本童男(日本武尊)は第十二代景行天皇第二の皇子で、当時九州熊襲猛と言う猛者が居り、これを退治する様命じ、 熊襲猛邸新築祝の折 姨(おば)君倭此売命(やまとひめのみこと)からもらった衣裳を身にまとい女装して、灼取り女として入り込み酒に酔わせて殺す。 死ぬ直前、我名を一字与えるので、これからは日本猛之命と名のる様言って死ぬ。 日本武尊は、西伐を終えて帰るなり、今後は東伐を命じられ、この説明は演目東大和(日本武尊)で説明しよう。