益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   タイトル #1


    匹見社中


    <解説>
    新作万葉神楽

    応仁の乱に山名宗全の西軍に加わった大内政弘と将軍義政・細川勝元の東軍に加わった此の神楽の悪役・謀反を起こした大内道頓教幸(どうとん) 大内政弘の留守を預かる陶弘護。その縁戚関係である 益田越中之守 兼尭(かねたか)共に戦乱の中にあって、各々己を善として戦った武将であり、大内上洛を預かる陶氏と本家取りを謀る道頓との戦いに陶氏加勢の為に益田越中之守出陣、其の大内氏領内の乱の中に雪舟の登場を加えて討つ退治すると云う事でなく、武の道・禅の道・加えて法の力に依って謀反を諭し、邪心をためなおしてこれを法の力によって正道に導き乱をおさめると云う。 神仏一体化を表現すると共に雪舟禅師の此の地に残された文化と其の業績を後世に語り継がんため之を郷土能石見神楽として構成されたものです。