logo
医光寺

総門
 logo
萬福寺の約500mほど東、国道191号線に面して建っています。
南北朝期の貞治2年(正平18・1363)に創建、崇観寺と称したのが起こりです。
医光寺は室町時代、益田宗兼が建立した境内塔頭でしたが、本寺の崇観寺は衰廃し、医光寺だけが残りました。
本堂・開山堂・総門・中門などを備え、小規模ながら寺容は整っています。
現在の諸堂宇は、享保14年(1729)の大火後創建されたものです。
竜宮造といわれる総門は、もと益田城の大手門を、関ケ原の戦い後ここに移し、承応年間(1652〜1655)黄檗宗寺院特有の竜宮造に改築したといいます。県の文化財に指定されています。
境内庭園は、萬福寺と同じ雪舟の築庭で、国の史跡・名勝に指定されています。
文明11年(1479)前後、周防(山口県)の雲谷庵を出た雪舟は、益田城主益田兼堯の知遇を得て、崇観寺にとどまり、後第5世住職となっています。
境内に雪舟を火葬にしたという灰塚があります。
雪舟が石見にとどまったのは、数年の短い期間でしたが、萬福寺・医光寺の他、柿木村の昌谷寺、益田市の聖清寺、浜田市の玉林寺などが、雪舟ゆかりの地といわれています。

※参考資料・・ますだの散歩道

logo
島根県指定有形文化財。
益田七尾城大手門でしたが関ヶ原の合戦後、移築され、竹田の番匠によって屋根を竜宮造りに改造されました。
高さ4m、幅4.5m。
 
 
logo
 
室町時代の禅僧、画僧(1420−1506)。
諱は等楊。
備中国(岡山県)赤浜(総社市)に生まれ、幼時、宝福寺で涙のネズミを描いた話は有名です。
幼少の頃、京に上り、相国寺に入山し、禅の修行を積むかたわら、絵を周文に学びました。
「雪舟」という号は寛正3年、元の楚石梵?の墨跡「雪舟」からヒントを得て号としたものです。
その後、明国と交渉を続けていた周防国の大名、大内教弘を頼り、雲谷庵に身を寄せていましたが、応仁元年(1467)志を得て遣明船に乗り、明国に行きました。寧波では四明天童第一座に推され、北京では礼部院に壁画を描きました。文明元年(1469)帰国後、大分で天開図画楼に住み、同10年には益田を訪問して、「益田兼堯寿像」「山寺図」「花鳥図屏風」を描き、萬福寺とともに当寺の庭に山水庭を築きました。
同18年、名作「山水長巻」を描き、以来多くの作品を
作りました。
晩年益田を訪問し、山寺東光寺に入山して
禅に励んでいましたが、ついにこの地で
87歳の生涯を終えました。
雪舟灰塚は、医光寺で
荼毘に付した時の
塚です。
 
logo
 
国史蹟及び名勝です。
広さ2,198?(666坪)医光寺の裏山を利用した西南向きの池泉観賞半回遊式の庭園です。
雪舟が文明10年頃来山し、造園した鶴亀を主体とした武家様式で鶴を形どった池の中に亀島を浮かべています。
亀の背中には中心石と三尊石を置き、西側の丘にある須弥山石からは枯滝石組を作って、東のしだれ桜とバランスよくマッチしています。
禅の教えは「以心伝心」でそれは文字ではなく、心にあるといいます。したがって心の芸術である庭も「無心」そのもので、それが芸術として現れますので、作庭も枯山水となり、石庭となるのでしょう。
logo
本尊
「薬師如来像」
脇侍
「日光・月光菩薩像」
安阿弥 作 (鎌倉期)
本尊の薬師如来像は安阿弥の作と伝えられる高さ1メートルの座像です。
日光、月光菩薩の脇侍もよく均衡がとれ、金箔の上に繊細な色彩がつけられています。

 

logo
紙本著色
「涅槃図」
岩国藩絵師
湯浅梅翁 作
法量(佛画寸法)
高さ:363.0cm
幅:322.5cm
この絵は当寺中興の祖である十七世南嶺和尚が法燈を護る寛永四年(1751)に、田村六兵衛が施主となり岩国藩の絵師湯浅梅翁(号渓公)が狩野派の画法により献香拝写したものです。
本図は、釈迦の入滅すなわち涅槃の様態を情景的に現したものです。
中央には北枕に右脇を下に横臥する独尊像が大きく描かれ、それを沙羅双樹が取り囲んでいます。
また上空からは摩耶夫人が馳せつける姿も見られます。
釈迦の臥するその周囲には仏弟子の諸菩薩や羅漢たちをはじめ、鳥獣虫魚に至るまで森羅万象が釈迦の死を嘆き悲しむ様が様々な姿態で描かれています。
logo
「賓主互換  〜もてなしの心遣い〜」
前東福寺管長  九峰 書

 

logo
「竹林の七賢人」
黒川硯海 筆
logo
「龍  日献四海水」
〜四海の水を日に献ずる〜
山岡鉄舟 書
(明治天皇の侍従・書家・無刀流・政治家)
「金山西湖図屏風」
雲谷派 画
作成年代:江戸中期 絹本墨画 6曲1双 各157×364cm

 

logo
「開山堂の十六羅漢像」
17世 南嶺和尚 作
(赤松の一本彫り)
拝観料 : 一般 500円(400円) 高校生 300円(200円) 小中学生 無料
【かっこ内は団体(20名以上)】 受付時間
夏季 : 午前8時30分〜午後5時30分
冬季 : 午前8時30分〜午後5時00分
〒698-0011 島根県益田市染羽町4-29 TEL&FAX (0856)22-1668
ホーム > 医光寺