石見神楽

石見神楽は石見一円で演じられる神楽である。
 神楽は「神座(かむくら)」の語から 転じたものと言われる。
神座は神が降臨する場所のことで、 そこに神々を招き、舞踊的要素を伴った鎮魂のための 行事をするのが目的。
 その由来は古く、室町時代には石見一円で、 大元神を信仰した田楽系の神楽が行われていた。
託舞がその中心であったが、 慶長年間出雲佐陀神楽が猿楽能を脚色して 神能として演ずるようになり、その佐陀神能が 爆発的に石見に波及した。
石見神楽 江戸時代は神官がこの神楽を上演していたが、 明治維新の神職演舞禁止令により、 神官から土地の人々に受け継がれ、 明治中期に新しい感覚が加わって大改正された。
これは、芸術的な気品を与え、出雲神楽に劣らない 郷土芸能を育成しようとした試みであった。
石見神楽  リズムは活発な石見人の気性そのままに 勇壮な八調子とよばれるテンポになり、 大太鼓、小太鼓、手拍子、笛のメロディーと リズムは聞く人を魅了し、金糸、銀糸の 総縫いつぶしの絢爛豪華な衣装は視覚を夢の世界に誘い、 舞手の厳粛な所作は神話の世界を再現させる。
 そのスケールの大きさとダイナミックな動きに 圧倒される「大蛇」は、世界各地に絶賛を博している。
演目は三十数種。
出演する団体は百以上。
今や地元の例祭への奉納はもとより、各種の催事、祝祭の行事に かかすことができない誇れる郷土芸能になっている。
石見神楽 (「ますだの散歩道」矢富 巌夫氏著より)

ホーム > 石見神楽とは