益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   五神

    <採物>
    ◆四神 ― 幣・鈴・扇子・太刀
    ◆埴安大王 ― 弓・矢・太刀・幣・扇子
    ◆使者 ― ザイ・太刀・幣・扇子
    ◆思兼命 ― 幣・鈴

    高津社中

    [歌] この程に 五大王子を 請じ立て 処世堅め 村の鎮めに

    <解説>
    別名「五竜王」「五郎王子」とも言い、五行を説く舞で、石見神楽の演目中で最大の長編である。 衣裳や面が最も豪華なのは、内容が農事に関係しており、尊重されているからで、農民の知識、哲学、倫理観を集大成したものといえます。 五神の中に見る木、火、土、金、水の名は第一王子が、青春大王、第二王子は夏赤大王、第三王子は秋白大王、第四王子は冬黒王子、 第五王子は埴安大王でいずれも国常立王の五郎王子である。春夏秋冬の四神はいずれも四季の中の一季を分配し、それぞれの方角を占拠し、 国士安隠に仲むつまじく、合意的に日常の生活を楽しんでいた。ところが土の神の埴安大王のみが、他の四神から差別的に冷遇視されたので、 信者を国常立王に派遣して領土の要求を依頼した。しかし四神たち天下はすべて四神の国土であると強調した。 この言葉を聞いた埴安は激怒し、軍勢を押し出して四神との間で格闘となる。この最中、式部の老人が登場し、五神たちに神勅を下し、分割して仲裁をする。