益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  •   タイトル #1

    羯鼓
    <採物>
    ◆小太鼓・扇子

    切目
    <採物>
    ◆幣・扇子/後 あそび


    匹見社中

    羯鼓
    <解説>
    宮中の雅楽で奏される際、左方楽に用いられる小さな太鼓のこと、台の上に据え、両手に持ったバチで両面を打って鳴らす。紀伊の国熊野の切目王子に仕える禰宜(ねぎ)が、熊野権現の宝物について説明するという内容。鞨鼓は高天原から紀伊の国、むろの郡のおとなし川に下ったもので、鞨鼓の片方を打つときは、天下泰平、国土安穏と鳴り、他の片方を打てば、五穀豊穣、商売繁盛と鳴る。このたびその鞨鼓を当社の例祭に出品するに当たり、最もよく鳴る場所に据えるから切目王子の御神体が出現された際にはよく拝まれよという。この演目は別項「切目」と一連の舞、石見神楽六調子の演目には「切目」のみでこの演目は見当たらない。

    切目
    [歌] 熊野なる切目の王子の竹柏の葉は 髪挿しに挿いて御座へ参ろや
    <解説>
    石見神楽では鞨鼓の演目と一連の舞を形成している。演目は切目と介添の二人が登場して問答をする。内容は五行思想を含んでいて大変難解である。切目の王子は和歌山県日高郡目村に鎮座されており熊野神社の九九王子社の中の一つである。「切目」と「鞨鼓」とは、熊野から全国に出向いた御師、先達、または比丘尼(びくに)などにより一種の芸能として石見に残されたもののようである。