益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   タイトル #1

    <採物>
    ◆天熊 ― 鋤・鍬・鈴
    ◆人民 ― 杵
    ◆神ねぎ ― 杖

    匹見社中

    [歌] あらうれし あらよろこばし これぞこの 耕す業を 事始めてん

    <解説>
    別名「五穀種元」とも言い、古事記の文章をやや劇的に仕組んだものである。 天照大神に奉仕する天熊の大人は素戔鳴命の災難により、切り殺された大気津比売神のそばにあった五穀を拾い集めて、 ことごとく天照大神の御前に持参した。これをご覧になった大神は喜ばれて、この五穀を天の村君をして天の挟田長田に植え広めるよう天熊の大人に勅せられた。 そこで大人はこの五穀を授かり、村君のもとへ急いで大神の趣旨を伝達した。 この詔を承諾した村君は任務完了の時には必ず奏聞することを返答した。村君は早速、大神のもとへ参内して、この事の由を奏上し、大人によって八束穂をもって、 早速、新嘗祭を行うこととなり、禰宜を呼びにいって、火きり臼、火きり杵で餅をつき、これを撒いて祝い舞った。