益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   タイトル #1

    <採物>
      (ふつぬしのみこと)
    ◆経津主命 ― 幣・扇・三ツ鉾
     ( たけみかづちのみこと)
    ◆武美加槌命 ― 幣・扇子
      (おおくにぬしのみこと)
    ◆大国主命 ― 三ツ鉾・扇子
      (ことしろぬしのみこと)
    ◆事代主命 ― つり竿・扇子
      (たけみなかた)
    ◆建美那方 ― 岩


    【歌】 國中の 荒振者を 平らげて 鹿島香取の 神ぞ貴き

    <解説>
    別名「国譲り」「建御雷神」ともいう。天照大神(あまてらすおおみかみ)は皇御孫(すめみま)に国を譲る為、伊那佐の浜に居る大国主命の元へ二神の使ひを立て国譲りの相談をさせた。御子第一皇子 事代主命との承諾も得て談義も終わった折、第二皇子 建美那方神が千切り岩を持って現れ、国譲りに反抗し戦いとなりしが、負け戦になり諏訪まで逃げ降参し、国外不出とされ後に諏訪地方の守り神となる。大国主命はこれを機に社を建ててもらい、これが出雲大社の基といわれる。