益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   タイトル #1

    <採物>
    ◆鐘馗 ― 茅の輪・宝剣
    ◆鬼 ― ザイ

    匹見社中

    [歌] 千早振る 荒振るものを 拂わんと い出立ちませる 神ぞ貴き

    <解説>
    この演目の主人公は須佐之男命で、天の岩戸騒動で天上界を追放され、地上界の唐の国(中国)に渡り、玄宗皇帝が永の病に伏せており、ある時鐘馗が悪鬼を追い拂う様子を皇帝が夢に見、 夢からさめてみると病もよくなっており、早速多くの画家に夢に見たまま描かせたところ、特に呉道子の描いた絵が夢に見た鍾馗(須佐之男命)と良く似ており、以来須佐之男命は唐の国では鍾馗と改名され、 病魔を除く神として崇められる様になり、特に左手に持つ茅の輪は薬草に例えられおり、古来より各神社で行われている夏越し祭りの輪潜り神事の輪は鐘馗の輪に例えられ、 輪を潜る折、左右にと三度潜る事により、家内安全、無病息災を願い適えられる魔除けの輪であると言われている。