益田市観光協会
古典神楽
  • 神楽かぐら
  • 塩払いしおはらい
  • 眞榊まさかき
  • 神迎かんむかえ
  • 四神よじん
  • 四剣しけん
  • 帯舞おびまい
  • 神祇太鼓じんぎだいこ
  • 天蓋てんがい
  • 茣蓙舞ござまい
  • 羯鼓・切目かっこ・きりめ
  • 田植舞たうえまい
  • 貴船きふね
  • 黒塚くろづか
  • 頼政よりまさ
  • 鈴ヶ山すずかやま
  • 八幡はちまん
  • 塵輪じんりん
  • 天神てんじん
  • 八衢やちまた
  • 武の内たけのうち
  • 十羅じゅうら
  • 神武じんむ
  • 八十神やそがみ
  • 恵比寿・大黒えびす・だいこく
  • 道がえしちがえし
  • 國受くにうけ
  • 西大和にしやまと
  • 東大和ひがしやまと
  • 岩戸いわと
  • 鐘馗しょうき
  • 大蛇退治おろちたいじ
  • 五神ごじん
  • 創作神楽
  • 石見野いわみの
  • 岩見重太郎いわみじゅうたろう
  • 牛若うしわか
  • 大江山おおえやま
  • 風の宮かぜのみや
  • 杵根きね
  • 関山せきやま
  • 高角山たかつのやま
  • 益田越中守ますだえっちゅうのかみ
  • 戻り橋もどりばし
  • 紅葉狩もみじがり
  • 桃太郎ももたろう
  • 羅生門らしょうもん
  • 竜神りゅうじん
  • 小沙夜おさよ
  • 岸静江きししずえ
  • 妖怪蜘蛛ようかいくも
  • 双剣の舞もろだちのまい
  • 二神柴舞にしんしばまい
  • 天神鬼てんじんき
  • 弓八幡ゆみはちまん
  • 禅道鬼ぜんどうき
  • 鬼住山きずみやま
  •   タイトル #1





    <解説>
    武勇の神、八幡宮の祭神である第十五代の帝応神天皇が皇位につかれるまで、御名を八幡麻呂と云われ若かりし頃の武勇伝を神楽化したものである。 九州宇佐八幡宮に祀られている八幡麻呂は異国から飛来した大六天の悪魔王が人々を殺害していると聞き、 神通の弓、方便の矢をもって退治する。正義(神)対、悪(鬼)という展開の代表的な神楽である。