万福寺 萬福寺は、もと安福寺(819年~1026年の間に建立された)と号し、石見国中州浦(現在の益田市中須町浜崎)にあって、七堂伽藍をかねそなえた天台宗の大寺であった。
万寿3年(1026年)5月に石見地方を襲った大津波のため、一瞬にして堂塔ことごとく流失してしまい、その後は小庵を建て、わずかに寺号と法灯を守っていた。
元応1年(1319年)、遊行(ゆぎょう)4代呑海上人(どんかいしょうにん)が当国に下向、入寺の際、再興して時宗の道場に転じた。
応安7年(1374年)益田七尾城11代城主益田越中守兼見(ますだえっちゅうのかみかねはる)公は、時の住職師阿月心(しあげっしん)を助けて、寺塔を現在の地に移転改築して萬福寺と改称した。
寺領31石を与えて益田家の香華院(こうげいん)(菩提寺)と定められた。

万福寺雪舟(せっしゅう)庭園(国指定、史跡及び名勝)
室町時代。 池泉観賞兼廻遊式、寺院様式須弥山(しゅみせん)風の庭園である。
文明11年(1479)、益田七尾城15代城主益田兼尭(ますだかねたか)に招かれた 雪舟が作庭した室町時代を代表する庭園である。
 心字池(しんじいけ)の護岸と緩やかな築山の頂上から渦巻状に広がる見事な石組、やや離れて位置する 三尊石(さんぞんせき)、枯滝(かれたき)石組が一体となって須弥山世界(仏教の世界観)を象徴している。
書院襖絵(県指定、有形文化財)
雲谷派(雪舟の流れをくむ日本画の一派)の作。
 楼閣山水図(紙本墨画) 全8面。
 山水図(紙本墨画)  全12面。
 仕女図(紙本墨画淡彩) 全4面。
 芦雁図(紙本墨画淡彩) 全8面。
阿弥陀如来立像(県指定、有形文化財)
鎌倉時代の作。檜材の1材を使って割りはぎして制作された、いわゆる三尺阿弥陀と呼ばれる仏像である。3世紀後半の院派仏師の作例と考えられる。

万福寺ホームページはこちら

ホーム > 万福寺
 
神楽年間行事 イベントカレンダー
英語サイト 観光ガイド友の会 レンタサイクル 萩石見空港 石見神楽ビデオ 名産はまぐり 名産メロン

活魚烏賊つくり

石見神楽

神楽めし

皆様のバナー広告をお待ちしています。

スタッフブログ