石見神楽団体 匹見神楽社中

 
タイトル #1
代 表 者  柴 幹士
住    所  益田市匹見町匹見イ187
電話番号   0856-56-0919 (自宅)
石見神楽
 
  明治の中期当時は紙祖村と言っていましたが、その時代の匹見日女ヶ森八幡宮の宮司斎藤直澄氏から紙祖村の
 人達が教えられて習い覚えた神楽が発端です。その当時は六調子であって舞子連中と言っていたものですが、その
 舞子連中の中には、斎藤喜三郎、西本広市、村上平市氏等がおられ、神楽の発展維持に寄与されたものです。
 紙祖村舞子連中という時代が明治の終り頃まで続き、その後匹見郷の杉本福市、沼田稲太両氏等が大正の初期
 受け継がれたものです。そして大正15年頃まで名称を匹見舞子連中と改め続いていましたが、
 一時中断の止むなきに至りました。
 昭和6年の春、杉本、沼田両氏が是ではならずと再び思い立ち、旧鎌手村宇治の佐々木栄左衛門を師匠に招き
 八調子神楽を導入し習得したのが現在の八調子神楽です。その後戦争や幾多の困難を乗り越え、時代の推移と共に
 民俗芸能の一翼の担い手として発展してきました。今後共現在の構成人員を堅持し神楽発展のために微力を尽くす
 考えです。また現在は名称も匹見神楽社中と改め現在に至ったものです。
 
演舞写真
picture

八岐大蛇

青草をゆい束ねてぞみの笠と 作り初めます
演目紹介へ

picture

大江山

秋風の音に途絶えて西川や 雲霧行くなり
演目紹介へ

picture

貴船

からすみの燃え立つほどに思えども 煙立たねば
演目紹介へ

picture

大江山

秋風の音に途絶えて西川や 雲霧行くなり
演目紹介へ

picture

貴船

からすみの燃え立つほどに思えども 煙立たねば
演目紹介へ

picture

鐘馗

千早ふる荒振者をはらわんと出で立ちませる神ぞ
演目紹介

神楽団体 TOP