石見神楽団体 久城社中

 
久城社中
代 表 者  神田 惟佑
住    所  益田市久城町1125-5
電話番号   0856-25-7070 (自宅)
久城社中
 
久城社中の歴史は古く、今から約160年前にさかのぼります。
言い伝えによれば最初は江戸時代末期ごろ、神官たちが舞っていた神楽を明治維新の頃より土地処の農民たちが引き継いで以来、いくつもの変遷を経ながら現在にいたっているといいます。
この160年間、久城地方に根ざした神楽として、代表者も歴代、久城地区に住み地域の中の社中であり続けています。
また、久城社中独特のテンポや舞い方を変えることなく守り続けてきました。
演目の中で久城にだけ語り継がれてきた「双剣」や面数点が市の文化財指定を受けています。
現在の神楽団体益田市石見神楽神和会の前身益田市石見神楽互助会の設立に貢献し、石見神楽を広めるため皆と一緒になって努力を重ね、現在に至っております。  
演舞写真
picture

道返し

峰は八つ谷は九つ音にきく 鬼の住むちょうあららぎの
演目紹介へ

picture

大江山

秋風の音に途絶えて西川や 雲霧行くなり大江山
演目紹介へ

picture

四神

サイハイヤ此処も高天の原なれば 焦り給え四方の
演目紹介へ

picture

道返し

峰は八つ谷は九つ音にきく 鬼の住むちょうあららぎの
演目紹介へ

picture

大江山

秋風の音に途絶えて西川や 雲霧行くなり大江山
演目紹介へ

picture

四神

サイハイヤ此処も高天の原なれば 焦り給え四方の
演目紹介

神楽団体 TOP